意外と知らない冠婚葬祭の意味

冠婚葬祭 意味

冠婚葬祭の冠に意味について
日本で生活していると必ず耳にするのが冠婚葬祭という言葉です。
様々な場面で利用されることが多く
冠婚葬祭の婚の意味について
社会人になると冠婚葬祭にかんする行事に参加することは増えてきますが、それぞれの意味を理解することはと
「冠婚葬祭」の意味は、どういうことですか
「冠婚葬祭」とは、人間が生まれてから死ぬ(死んだ後も含む)までの間に行われる行事のことです。

冠婚葬祭 意味

意外と知らない冠婚葬祭の意味

冠婚葬祭という言葉を聞いたことがないという人はあまりいないかもしれませんが、その意味についてしっかりと知っているという人は意外に少ないのではないでしょうか。
結婚式とお葬式はわかるにしても、ほかの二つについての知名度は低いようです。
そもそも冠婚葬祭とは、人生における通過儀礼のことをさします。
冠とは、元服の儀式のことをさします。
大人になるという意味の通過儀礼のことで、現代では成人を持って大人と見なすので、成人式がそれにあたります。
婚は結婚式のことで、葬はお葬式のことをさします。
祭は、祖先を祭る行事のことをさし、法事や地域のお祭りなどがそれにあたります。
地域のお祭りと祖先を祭る行事とはあまり結びつかないかもしれませんが、祭りとはもともと地域の神様や祖先の霊をなぐさめるために行ったのが始まりです。
そのため、祭のうちに含みます。
近年では大きなイベントごとは結婚式とお葬式くらいで、ほかのイベントはそこまで重視されていないため、意味合いについても認知度が低いと考えられます。

ファミリーホール荒江
低価格で依頼者様のご希望や予算に沿った満足のいくご葬儀を執り行えるようサポートいたします。

仏壇東京はこちらで販売しております
アウトレット品もございます

通夜・葬儀・法事法要は、あなたの街のVIPシティホール|新潟

ご家族の気持ちに寄り添う大阪の葬儀屋【ペット火葬セレモニー】
大切なご家族様の最後をサポートさせていただきます

家族葬を尼崎でお考えなら関西セレモニー